出産・分娩すくすく子育て講座妊娠編

出産費用~出産・分娩~妊娠後期(妊娠8ヶ月,妊娠9ヶ月,妊娠10ヶ月

出産費用


出産費用とは、妊娠から出産、出産後におうちで赤ちゃんと過ごすまでの間に発生する費用のことです。
どのような方法で出産するのか、どこで出産するのかなどにより出産費用は変わってきます。

出産費用の平均額


平均費用は35~45万円前後のようです。

出産育児一時金


平成21年10月以降は、出産育児一時金が42万円にアップされ、そのお金も直接産院に払うのが基本となるので、自分で高額な費用を準備しておく必要はほとんどありません。また、事前申請すれば、出産育児一時金を直接病院に支払ってもらうことができます。
費用の用意が不安な人は、この制度を利用しましょう。

出産費用の明細


出産費用の明細ですが下記内容となります。
◇出産前の検査・定期検診費:7~10万円
◇入院費(部屋代、食事代など):10万円~30万円
◇分娩費(手術、分娩介助など):10万円~30万円
◇新生児の検査費:3~5万円

検診費用、出産費用は国や自治体で負担する制度がありますが、時期によって変わりますので、この辺の情報収集はキチンと行いましょう。

入院助産制度


経済的に病院に行くのが難しい方のためには、「入院助産制度」というものがあります。

自治体指定の助産施設(病院、助産院)で出産した場合、その費用を自治体がサポートする制度です。
課税の状況に対応して、サポート範囲と自己負担金額を決定します。

対象となる人は、次のいずれかに該当する人です。
・当該年度分の住民税が非課税の世帯
・生活保護受給世帯
・前年分の所得税課税額が8,400円以下の世帯で住民税が課税されている世帯(※)
※出産育児一時金が35万円以上支給される人を除く。

ただ、各自治体によって申し込み可能な妊娠月数違うので、妊娠が判明したら早めに役所に問い合わせましょう。


毎日無料で読める子育てWEB漫画すくすくパラダイスぷらす