妊娠線~妊娠後期(妊娠8ヶ月妊娠9ヶ月妊娠10ヶ月

妊娠後期の体(妊娠8ヶ月妊娠9ヶ月妊娠10ヶ月

マンガ:トマコさん

妊娠線には要注意!
妊娠後期に入ってお腹が大きくなるとともに、お腹などに妊娠線が出る場合があります。
急な体重増加が大きな原因となるので、キチンとした体重管理が必要です。
妊娠線は一度できると、産後も完全には元に戻らないので要注意。
妊娠線予防のためのクリームがあるので、気になる人は早めのケアを心がけましょう。
お腹にかゆみが生じる場合もあるので、その場合お医者さんに 相談してみましょう。

妊娠線はどうしてできるの?
妊娠後期、赤ちゃんの成長とともにお腹はどんどん大きくなっていきます。
このような急激なお腹の膨張に合わせて表皮は伸びるのですが、内側の真皮や皮下組織の一部はお腹の膨張さについていけず、亀裂が生じてしまい赤紫色の線状斑が現れます。
これが妊娠線です。

妊娠線の予防策
・体重増加を抑えるため、バランスの良い食事、カロリー控えめの食事を心がけましょう。
・妊娠線クリームなどで肌の弾力、張りを保つようにしましょう。