赤ちゃん編はこちら

すくパラ倶楽部 育児ママ・育児パパのためのSNS | ママが知りたいお役立ち情報 すくすく赤ちゃん講座 | 赤ちゃんと一緒の楽しい子育てライフを過ごすために、知っておきたいあんなことやこんなこと。すくパラ倶楽部の先輩ママブロガーが教えてちゃいます!月齢別メニューで0歳0ヵ月からの子育て支援情報が盛りだくさん!楽しい4コマ漫画も無料で見られます!

妊娠6ヵ月

外見は新生児に近づく

妊娠6ヵ月になると骨格や筋肉も発達し、体がだいぶしっかりします。
頭と胴体のバランスは新生児とほぼ同じで、妊娠23週の終わりには身長約30cm、体重約700g。中くらいのメロン1個分ほどになります。
ただし、この時期は赤ちゃんの大きさも個人差が出てくる時期。
お腹の大きさと子宮底長で推定される胎児の大きさが多少小さめでも、主治医から何も指摘されなければ気にする必要はありません。
顔はしわしわですが、まつ毛やまゆ毛が生え、顔立ちがはっきりしてきます。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。


羊水が増えて体がくるりん

この時期から羊水の量が増えるので、赤ちゃんは体をより動かしやすくなります。
体をくるんと動かしてローリング。そのため健診時に逆子の体勢の場合も多いですが、気にする必要はありません。
赤ちゃんは羊水の中に浮かんでいるので、ママが体で受けた衝撃も直接伝わらない仕組み。
羊水を飲んではおしっことして排泄し、また飲んでは排泄を繰り返しています。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!


ホルモンの分泌を開始

男の子、女の子、それぞれの外性器が完成し、性別が容易に判別できるようになります。
また男の子の精巣や女の子の卵巣など内性器も働きはじめ、ホルモン分泌が行われるようになります。
まだ胎内にいる妊娠6ヵ月のうちから、赤ちゃんたちは次のいのちをつなぐための準備をはじめているのです。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。

 

妊娠6ヵ月

お腹が出て背中や腰に痛み

お腹がせり出してくるので体の重心が前にいき、腰や背中が痛むことがあります。
立っているときや歩いているときは背筋を後ろに反らさない、座るときは浅く腰かけて背筋を正すなど、姿勢を正すことで改善されます。
かかとがぺたんこな靴より、2〜3cmほどの低めのヒールがある靴の方が、体の重心が前にいくのを防げます。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。


便秘やむくみの悩み

妊娠中の体はとてもデリケート。
便秘にもなりやすく、ちょっと塩分をとり過ぎただけでむくんでしまうこともあります。
バランスのよい食事は基本ですが、便秘がちであれば繊維質の多いごぼうなど根菜類、ひじきなど海草類、プルーンなどを意識的に多く摂るように心がけ、塩分を控えるよう心がけましょう。
料理の際、塩や醤油の代わりにだしや酢を使うと、塩分を控えることができます。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。


乳腺が発達

乳腺が発達し、乳房も大きくなります。締めつけて乳腺の発達を妨げないよう、マタニティ&授乳専用のブラジャーを準備することがおすすめです。
中には乳首をつまむと乳汁が出ることもありますが、あまり刺激を与えると子宮が収縮してしまうので注意しましょう。
おっぱいマッサージは医師や助産師の指示にしたがってはじめればよいので、焦って行うことはありません。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。

 

妊娠6ヵ月

体を冷やさない

妊娠中はとくに体の冷えは禁物。妊娠生活を送るのが暑い夏のシーズンであっても足首を冷やさないよう靴下やレッグウォーマーを着用し、アイスクリームや果物など体を冷やす食べものは極力避けること。下着もお腹がすっぽり隠れるものを着用し、腹帯や腹巻きで保温するとよいでしょう。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。


体重管理はほどよく

健診時には毎回体重測定があり、ちょっと増えすぎると病院や産院でお叱りを受けることも…。確かに急な体重増加は妊娠高血圧症候群などリスクの原因になりますが、あまりストイックになりすぎて体重を増やさないのも逆に危険。お腹の中で赤ちゃんが育たず、2500g以下の低出生体重児となる可能性もあるのです。胎児期や新生児期の栄養不足は、将来生活習慣病を引き起こすとも言われています。体重は8〜12kg増えても問題ないので、ダイエットさながらの無理な食事はやめましょう。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。


リラクゼーションの時間を

食生活に気を遣って適度に運動を行うなど、妊娠中は何かとすべきことが多いもの。それでストレスをためてしまうのは、お腹の赤ちゃんにとってもよくありません。お茶を飲みながら好きな音楽を聴いたり読書をしたり、自分がリラックスできる時間をつくることも大切です。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。

ハッチさんの場合・・・

4コマ
もっと見る ※会員限定※

 

たがみー  

里帰り出産は家族のフォローも得られるので安心な反面、里帰り先での産院を探したり、
余裕をもって里帰りする日程を組んだり、準備もそれなりにあるので、決断は早いほういがいいようです。

 

  なかじー

妊娠期間も折り返しを過ぎて、いろいろな準備が始まるころですね。
つわりが落ち着いて、再び行動開始!?
まもなくやってくる出産日に向けて、楽しみですね♪