赤ちゃん編はこちら

すくパラ倶楽部 育児ママ・育児パパのためのSNS | ママが知りたいお役立ち情報 すくすく赤ちゃん講座 | 赤ちゃんと一緒の楽しい子育てライフを過ごすために、知っておきたいあんなことやこんなこと。すくパラ倶楽部の先輩ママブロガーが教えてちゃいます!月齢別メニューで0歳0ヵ月からの子育て支援情報が盛りだくさん!楽しい4コマ漫画も無料で見られます!

妊娠3ヵ月

1日に1mmずつ、成長速度はピーク

妊娠3ヵ月の間に赤ちゃんは1日に1mmかそれよりもう少し大きいくらいと、ものすごいスピードで成長していきます。
妊娠11週の終わりにはCRLで35〜50mm、身長は5〜8cmにもなります。子宮の中で丸まっている状態を見ると、いちごの1粒くらい。体重は15〜25gほどになります。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。


2頭身から3頭身で人間らしく

妊娠2ヵ月までは胎芽と呼ばれていた赤ちゃんも胎児と呼ばれるようになり、頭と胴、手足の区別がはっきりし、より人間らしい形になります。骨や筋肉も成長し、しゃもじのようだった手足に指ができてきます。
目や耳、口に穴があき、目にはまぶた、歯や爪も形成。妊娠11週の終わり頃には外陰部が発達し、男の子と女の子の違いもでてきます。しかし健診で実際に性別を確認できるのは、もっと後の段階です。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。


赤ちゃんが自分で動き出す

妊娠8週頃から赤ちゃんは自分で動きはじめ、妊娠10〜11週には超音波の画面でも確認できるようになります。手足をパタパタ動かしたり体をくねくねさせたり、赤ちゃんの生命を感じることができるでしょう。
反射神経もこの頃から発達し、ピクッと体を動かしたり、歩くような原始歩行を見せたりすることもあります。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。

 

妊娠3ヵ月

子宮や乳房が大きくなる

まだ外見で妊娠しているとはわかりませんが、体の中は大きな変化が。妊娠していないときはピンポン玉ほどの大きさである子宮が、妊娠11週の終わりには握りこぶしほどの大きさになっています。
また、乳房や乳首が大きくなり、それまで使っていたブラジャーが小さく感じるようになる人もいます。赤ちゃんを産む準備、生まれた赤ちゃんに母乳をあげる準備は着々と進んでいるのです。


相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。


つわりがピークに

妊娠8〜9週頃がつわりのピーク。その後、徐々に落ち着いてきて、12〜16週で終わるのが一般的です。つわりの症状がある人のうち、50〜90%が経験する吐き気。
嫌なものの例としてよくあげられるごはんの炊けるにおいをはじめ、他の食べもののにおい、たばこや香水のにおいなどに敏感になる場合もあります。
食べたいものが限られ食欲も不振、食べても吐いてしまうことありますが、それでも大丈夫なよう体にはエネルギーが備わっています。
ただし、あまりにも長い間食べものを口にできなかったり、水分をとれなかったりする場合は、病院での点滴や入院が必要なこともあります。ひどい場合は、主治医に相談しましょう。⇒先輩ママのつわり症状

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。


便秘や頻尿、肌荒れの悩み

子宮が大きくなったことに伴い、便秘や頻尿の症状が出ることもあります。
便秘はなるべく薬に頼らず改善できるよう食物繊維や水分をとるよう心がけ、頻尿の場合は我慢せずにこまめにトイレに行きましょう。
吹き出物や湿疹など肌のトラブルが出る場合がありますが、つわりによる食事の偏りが影響している場合もあります。
いずれの症状も薬に頼らないことがベターですが、あまりにも症状がひどい場合や我慢できないときは、主治医に相談しましょう。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。

 

妊娠3ヵ月

十分な睡眠と休養

妊娠11週までは流産が多い時期でもあります。
その原因は染色体の異常など胎児にあることがほとんどですが、ママ自身の肉体的な負担、精神的なストレスなどが影響する場合も。とにかく疲れをためこんだり、無理をしたりすることは禁物です。
仕事をしている人はとくに十分な睡眠や休養をとれるよう心がけましょう。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。


嗜好品をやめる

つわりの症状でそれまで大好きだったお酒のにおいやたばこのにおいを一切受けつけなくなるという人もいるようですが、お酒やたばこは当然お腹の赤ちゃんに悪影響をおよぼします。
つわりの症状がなかったとしても、妊娠がわかった時点で(妊娠を望む場合はその以前から)やめることをおすすめします。
妊娠3ヵ月までは赤ちゃんの臓器が形成され、体もものすごいスピードで成長する大切な時期。お酒やたばこはそれらの妨げにもなってしまいます。
またコーヒーや紅茶などカフェインも大量に摂取すると赤ちゃんの発育に影響があると言われています。摂取は控えるようにしましょう。
たばこは受動喫煙しないよう、パートナーにも協力の依頼を。


相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。


母子健康手帳をもらう

ママと赤ちゃんの健康管理をするための母子健康手帳。
出産までの変化、産後の赤ちゃんの成長を記録することができます。妊娠8〜12週くらいに、お腹の中で赤ちゃんが元気に育っていると確認できれば、通院している施設から母子健康手帳の交付と提出を求められるでしょう。
各市区町村の窓口で、妊娠届に必要事項を記入して提出すれば交付されます。もらったら常に携帯するようにしましょう。


相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。

 

~3カ月 かえるのつかささん編~

たがみー  

はじめての妊娠は未知の体験の連続ですが、つかささんの<a href="/exsp/maternity_lec/ninsinshoki/" >妊娠初期</a>は壮絶でしたね。
しかし、安定期が楽でよかった?。安定期でも、<a href="/exsp/maternity_lec/ninsinshoki/tsuwari/" >つわり</a>続行中な人などもいますので、ほんと個人差があります(汗)。

 

  なかじー

たいへんな<a href="/exsp/maternity_lec/ninsinshoki/" >妊娠初期</a>を過ごされましたね(泣)。
たん・せきなどを甘くみたらいかんということでしょうか!?
安定期で楽になったとのこと、本当によかったです。