妊娠後期、お腹が急に大きくなると、皮膚がその伸びるスピードについていけずに肉割れになってしまうことがあります。これが妊娠線。
おへそ周りをはじめ、下腹部、内股やお尻、胸の側面にもできることがあるようです。
できてしまったとしても産後に薄くすることは可能ですが、しっかりと予防するに越したことはありません。
産後の美しさにこだわるなら、徹底的にケアしましょう。

体重増加に気をつける

妊娠線予防で最も有効なのは、急激に体重を増やさないこと。皮膚が急に伸びる=急に体重が増えることです。いつもお腹だけしかできていないことをチェックしていなかったら、胸の側面や太ももなど脂肪のつきやすい部分にできていたことに後から気づいたというのは、よくある話。妊娠中の体重管理は必須ですが、妊娠線予防の観点から言っても、やはり徹底した方がいいようです。

トマコさんの場合・・・

4コマ
もっと見る ※会員限定※


妊娠線ができやすい人

皮下組織が厚く、皮膚が乾燥していると妊娠線はできやすくなります。体重が増加し皮下脂肪の量が増すと、伸びにくく、皮下組織が厚くなり、妊娠線ができる危険性がアップ(皮下組織は断裂しやすい)。また、皮膚が乾燥していると当然伸びが悪くなり、割れ目が入りやすくなります。妊娠していないときでも、乾燥による皮膚の裂傷はよくあること。かゆみは乾燥のサインでもあるので、かゆみを感じたら十分な保湿ケアをしましょう。


肌の保湿

妊娠線の予防で大切なのは急激な体重増加を防ぐことと保湿。妊娠線予防のための専用クリームやオイルも各メーカーから出ていますが、市販の保湿クリームやベビーオイルなどを利用している人も多いようです。高い専用クリームでも肌に合わないものもあるので、自分に合ったものを探しましょう。皮膚にトラブルがあった場合は、主治医に相談しましょう。


お腹のマッサージ

クリームやオイルを塗るときはマッサージするつもりで行うとより効果的。妊娠線予防はもちろん、リラックス効果も高いです。お風呂上がりは絶好のマッサージタイム。ときにはパートナーにも手伝ってもらいましょう。