赤ちゃん編はこちら

すくパラ倶楽部 育児ママ・育児パパのためのSNS | ママが知りたいお役立ち情報 すくすく赤ちゃん講座 | 赤ちゃんと一緒の楽しい子育てライフを過ごすために、知っておきたいあんなことやこんなこと。すくパラ倶楽部の先輩ママブロガーが教えてちゃいます!月齢別メニューで0歳0ヵ月からの子育て支援情報が盛りだくさん!楽しい4コマ漫画も無料で見られます!

妊娠2ヵ月

急成長で1cm以上の大きさに

妊娠3週の終わりには約1mmほどだった赤ちゃんは、妊娠6週で7〜10mm、妊娠7週の終わりには13〜16mmほどの大きさになります。
赤ちゃんの大きさはCRL(頭殿長)という方法で、頭骨のてっぺんからお尻の突出部までを測ります。
たった1ヵ月で10倍〜20倍近くにまで成長するお腹の赤ちゃん。その成長の早さは驚きです。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。


赤ちゃんの形成で最も大切な時期

妊娠2ヵ月は絶対過敏期と呼ばれ、赤ちゃんの形成で最も大切な時期になります。
この時期に赤ちゃんの各器官が形成されはじめるからです。
妊娠2ヵ月の前半ではまだ胎のう(赤ちゃんを包んでいる袋)が確認できないので、妊娠の自覚症状があって産婦人科を受診しても、1〜2週間後に再度受診するよう言われることがほとんどです。
妊娠4週の終わりから5週にかけて胎のうが、妊娠5週の終わりから6週の中頃にかけて胎芽(赤ちゃん自身)が確認できるようになります。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。


生き物らしい形に変化

赤ちゃんに頭と胴体の区別ができ、生き物らしい姿に。エラのような手足もできてきます。心臓をはじめ、肝臓、腎臓、胃腸などの各臓器が整い、妊娠6〜7週には心拍も確認できるようになります。
脳の発達が著しく、妊娠7週で2頭身に。目や耳の神経も急速に発達します。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。

 

妊娠2ヵ月

体に表れるさまざまな症状

生理の遅れ(停止)からはじまり、熱っぽさやだるさ、胸やお腹の張り頻尿や便秘など、体に起こる変化から妊娠に気づく人も多いです。
妊娠の初期症状はかなり個人差があり、これ以外にもさまざまな症状がある一方、何も症状がない人もいます。
精神的にも不安定になり、イライラしたり悲しくなったりすることもありますが、赤ちゃんを授かったことによる変化とわかれば、少しは気が楽になるでしょう。


相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。


つわりのはじまり

妊娠初期のマイナートラブルといえばつわり
早い人は妊娠4週、平均で5〜6週くらいからはじまります。
その原因は諸説ありますがまだ解明されておらず、症状や重さも千差万別。
お腹がすくと気持ち悪くなる人、朝や夕方だけ気分が悪い人、においに敏感になる人、食べものの好みが変わる人など、さまざまです。
つわりの症状妊娠3ヵ月がピークなのでこれからしばらくつき合うもの。
自分の症状や好み、苦手なものなど見極めていきましょう。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。

 

妊娠2ヵ月

なるべく早めに産婦人科を受診

妊娠の兆候があると、まず市販の妊娠検査薬で確認する人も多いですが、なるべく早く産婦人科を受診することをおすすめします。
自分や赤ちゃんの状態を知るとともに、気をつけるべきことなどアドバイスも受けることができるからです。
妊娠を待ち望んでいた人は「おめでとうございます!」と嬉しい言葉もかけてもらえるでしょう。はじめて産婦人科を受診する場合、内診などに不安を感じるかもしれません。
女医さんに診てもらいたいなど希望があるときは、あらかじめ近隣の産婦人科を調べ、診察方法なども含め問い合わせてみるといいでしょう。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!


つわりとつきあう工夫

つわりがあるときは好みも変化し、十分に食事ができないことも多いです。
赤ちゃんと自分の体のために栄養はもちろん大事ですが、この時期は食べられるものを食べられるときに口にしていれば大丈夫。
気分的にも落ち込みやすいですが、一時的なものだと思って割り切り、なるべく休んでリラックスできる環境を整えましょう。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。


可能であれば症状に応じた生活を

仕事をしている場合は思うようにいかないかもしれませんが、眠さやだるさを感じるときはその症状に従うことが一番です。
常に食べていないと気持ち悪い食べづわりの場合はすぐに食べられるものをいつでも用意しておく、眠いときは横になるなど、症状に合わせた対応を。仕事をしていて症状があまりひどいようであれば、職場で協力してもらえるよう周囲に相談したり、上司にかけあってみましょう。
仕事休む必要があるほど体調が悪い場合、病院で診断書を書いてもらうこともできます。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。