妊娠したいママ応援

男女産み分けの方法~産み分け妊娠したいママ応援

排卵日を特定しましょう

ますは、基礎体温をつけて排卵日を特定しましょう。
またその間のセックス時は、コンドームによる避妊を忘れないようにしましょう。

男の子を産みたい場合 -Y精子生き残り大作戦!-

男の子を産みたいときは、Y精子の寿命が1日しかないことから、精子と卵子が最短時間で出会えるようにする、つまり排卵日当日の受精を狙ってセックスをする、ということになります。そのため、排卵日の5日前からセックスを控えます。なぜなら排卵日当日の貴重な一日のために、精子を濃くしておく必要があるからです。

本番でのセックスはしっかりと。
Y精子は酸性に弱いので、できるだけ膣の奥で射精することで酸性の膣内での滞留時間を短くし、精子へのダメージを減らす工夫が必要です。
また女性がオーガズムを感じれば、アルカリ性である子宮内へ精子をさらに送り込みやすくなります。

女の子を産みたい場合 -X精子生き残り大作戦!-

マンガ:わたべ仁美さん

女の子を産みたいときは、排卵日の2日前にセックスをします。そうすることで、X精子のみが卵子と出会う確率を高めるというのは、先に説明したとおりです。

排卵日2日前の本番の前に、2回ほど精子を放出させる機会を設けましょう。
精液の濃度を薄めておくためです。

本番でのセックスはあっさりと。
精子を酸性の膣内に長く留めることで、Y精子が子宮にたどりつく確率を低め、逆にX精子だけが生き残る確率を高めてやるためです。

ここで注意!
女の子の産み分けを試す場合、妊娠の可能性そのものを低めることにもつながるので気をつけましょう(Y精子はおろか、X精子も子宮にたどりつけなかったら、そもそも妊娠が成立しません)!

【先輩ママの産み分け体験】
結婚してまだ旦那とラブラブな時期だった為ピークの時に受精をしたのか一人目は女の子でした。
一人目を産んでからホルモンバランスか旦那を受け入れるのが嫌で嫌で仕方がありませんでした。でも、二人目が欲しい!一回で決めてほしいと思い特にピークな時でもなしに中に入れられたら男の子でした。
もっと読む⇒

病院での処方

なお病院に行けば、男の子の産み分けには「グリーンゼリー」、女の子の産み分けには「ピンクゼリー」を処方してもらうことができます。
もっと読む⇒

【先輩ママの産み分け体験談】
一人目が男の子で、二人目は女の子がいいなと思って、いろいろな方法をネットで検索しました。
理由は忘れてしまいましたが、「仲良くする前に、女性はお酢で大事なところを洗う」という方法を試してみました。
で、結果は女の子でした。
面倒ではない方法なので、ちょっと試してみる価値はあるかも???
⇒もっと読む

毎日読める子育てWEB漫画すくすくパラダイスぷらす