妊娠したいママ応援

妊娠のためのカラダづくり~妊娠したいママ応援

「妊娠のしくみは分かった。基礎体温もつけてる。あとは赤ちゃんがやってくるのを待つだけでしょ?」 でも、赤ちゃんができやすいカラダの条件、というのもあるんですよ。 妊娠しやすいカラダづくり、今日からさっそく始めてみませんか?

体重管理

妊娠中なら分かるけど、妊娠前にも体重管理って必要なの?
いえいえ、太り過ぎや痩せ過ぎの身体は、妊娠するための機能に影響を与えます。だから女性だけではなく、男性だって体重管理は重要なんですよ。

冷えから身を守る

冷えは女性の大敵!もちろん妊娠のしやすさと冷えは大きな関係があることはご想像のとおり。
でも冷えは女性だけの問題でもないんです。男性・女性ともに冷えから身を守りましょう。

妊娠のための食生活

日々の食事で、妊娠しやすいカラダへ体質改善。でもどんなことに気をつけたらよいのでしょうか?
ポイントは、妊娠しやすいカラダと赤ちゃんが育ちやすいカラダを意識した食生活を送ること。おなかの中の赤ちゃんは、母体から栄養を取り込むので、母体に良い食事をとることは、生まれてくる赤ちゃんの健康にもつながります。

適度な運動

適度な運動は、体重管理に効果があるだけではなく、冷え性対策やストレスの解消にも効果あり!
運動をすることで血液の循環をよくなり、生殖器官の働きが良くなるからなんです。

タバコを控えよう

タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させるので血流を悪くなります。せっかく栄養バランスのとれた食事をしても、適度な運動をしても、タバコの吸うと効果も半減?

病気のチェック

妊娠前には母体の健康チェックして、必要な治療は済ませておきましょう。妊娠してから病気を治療しようとしても、最悪の場合、母体と赤ちゃんの両方を危険にさらすことになりかねません。

妊娠しやすいセックス

なかなか人には聞けなけれど・・・妊娠しやすいセックスってあるの?
なくはないのですが、重要なことはお互いがいたわりあうこと!
パートナーと楽しく子づくりする際のヒントにしてくださいね☆

ストレスをためない

ココロのダメージはカラダのダメージにつながります。カラダの健康だけではなく、ココロの健康も維持することが妊娠への近道。
とはいえ、自分でなんとかしようとがんばってしまうのは逆効果。他力本願でいきましょう!

妊娠を意識して、気をつけたことは何ですか?

子供がほしいな、そう思ってから、
何に気をつけて過ごしましたか?
また、妊娠してから変えたことは何ですか?

洗剤、靴、服…
赤ちゃんへの影響から石鹸を変えたり、
匂いに敏感になるかたも多いのでは。

妊娠してからでも安心して使えるおススメグッズや、
妊娠するために変えた生活習慣など、ぜひ教えてください!!
画像のアップなども大歓迎です^^


7/30までにご投稿していただいた方から、3名の方に下記をプレゼント!

■賞品:Carrotオリジナルポイント500円分(1名様)     
    すくパラすごろくダッシュ(2名様)
※Carrot⇒http://shop.sukupara.jp/


※必ず、すくパラ倶楽部へログインの上書き込みしてください。
※すくパラ倶楽部ページにて、あなたの書き込みをご紹介させていただく場合があります。
皆さんの投稿、お待ちしております!

★妊娠したいママ応援!妊娠のための基礎講座★
http://sukupara.jp/exsp/prematernity/

★妊娠のための基礎知識★
http://sukupara.jp/exsp/prematernity/ninsinkiso/

★【妊娠のためのカラダづくり】
http://sukupara.jp/exsp/prematernity/body/

★みんなでシェアしよう!情報交換広場★
http://sukupara.jp/exsp/share/

投稿する

タイトル スマイル 最新書込日時
【10】 まーたん さん

スマイル  0

13/07/26 06:12
  • 妊娠発覚がら冬だったこともあり、一番は冷えです。
    母親にも夏でも靴下を履きなさいよと言われていました。

    現在、9ヶ月ですが、寝る時は必ず靴下をはいています。
【8】 あくび さん

スマイル  0

13/07/04 17:55
  • うちは男性不妊がありましたので、私が何か改善するよりも前に
    まずは、ダンナの禁煙!!!

    精子の運動率や数に影響します。
    そして、旦那が漢方を飲みました。

    しかも、1か月以上はきっちり禁煙と漢方薬を飲み続けないと成果が見えません。

    男性は女性よりも妊娠に意識が向かないので、こっそりタバコ吸ってたり…
    それはそれは何度も何度ももめました(笑)

    妊娠は女性一人で出来るものではありません。
    夫婦二人で同じ気持ちで赤ちゃんが欲しいという気持ちになれて初めて
    ベビーもやってきてくれるのかもなーと思いました。
    現在妊娠5か月です(*^^*)

【7】 もよ さん

スマイル  0

13/06/25 10:52

  • 極度の冷え症なので、妊娠したいと思ってからはツムラの当帰芍薬散エキス顆粒を飲んでいました。それから塩風呂の半身浴。天然の岩塩を一握り入れたお湯で汗をかいてすっきり。

    オフィスでは常にカーディガン、足首にレッグウォーマー、ひざかけ。

    あとUSBに指してあったかくなるクッションは下腹を暖めるのにかなり重宝しましたよ。
    生理時の腰痛時にも腰を暖めるとすごく楽でした。
    夏場のエアコンきいた部屋でも使用してました(贅沢な話ですが…)

    最後にストレスを感じたらすぐ発散です!
    飲みに行ったりカロリーのことは忘れて焼肉食べたりケーキバイキング行ったり。
    飲み→カラオケに何回行ったことか…(笑)
    つらいと思ったら大泣きして仕事休んじゃうってのもアリだと思います。
    それで気持ちが落ち着くなら。
    私は生理が来る度に悲しくて泣いてましたし、心が折れそうってときには仕事休ませてもらってました。

    みなさんもあまり考え過ぎず日々過ごしてみてくださいね。

【6】 じゅん さん

スマイル  1

13/06/24 16:41
  • 今実際に妻が妊娠後期中で、現在進行中で心がけていることといえば。
    食べ物ですね。食材は目に見えて気をつけやすいですが、調味料を特に気をつけています。
    顆粒タイプのだしの素は使わなくなりました。

    500mlのペットボトルに8割くらい(約300ml)の水を入れて、いりこを5匹入れて
    冷蔵庫で丸一日放置。そうすると、これがいい感じの出汁になるんですよ。
    これで味噌を大さじ2程度でみそ汁をつくると、ちょっと薄味ですが健康を害さない塩分のみそ汁になると思います。野菜をたくさんいれると、その甘みもでて薄味も気にならなくなるはず。

    我が家の冷蔵庫は、いりこ出汁入りペットボトルがいくつかストックされていますよ。
    昆布でも同じように作ってみたところかなり薄くなってしまうので、いりこ苦手でなければいりこのほうが良さげです。
【5】 プリン さん

スマイル  1

13/06/24 14:09
  • 一番はやはり基礎体温と排卵日を徹底的に記録する事でした。その他、葉酸のサプリメントを飲み始めたり、毎日牛乳を飲むようになったり、規則正しい生活を心がけたり。食生活も改善したりといつ妊娠しても困らないような体作りにとりくみました。いざ妊娠が分かってから全て改善という事は凄く難しい事だと思うので、早めに少しづつでもやっておいて良かったなと感じました。
    無理に改善しようとするだけでストレスになってしまうので、早めの取り組みが一番いいです。

    あと妊娠前にやらなくて後悔した事は運動。元々、腰があまり良くなかったのですが妊娠してからというもの腰痛がひどくて・・・。妊娠中はあまり過度な運動はできない為、体質改善の為の運動をしておけばよかったと後悔しています。

もっと見る

毎日読める子育てWEB漫画すくすくパラダイスぷらす