妊娠したいママ応援

妊娠検査薬活用のメリット~妊娠検査薬妊娠したいママ応援

妊娠検査薬活用のメリット

妊娠検査薬メリット
イラスト:トマコさん

妊娠検査薬のメリットはなんといってもその手軽さでしょう。まず入手が簡単。産婦人科に行かなくても、ご近所の薬局やドラッグストアなどで購入できます。

それから検査の仕方が簡単。基本的には検査薬のスティックに尿をかけるだけのお手軽さ。自分でこっそり検査できるのもいいですよね。

それに、妊娠検査薬を使うことで妊娠が早く分かれば、それだけ早い段階からお腹の中の赤ちゃんと母体の環境づくりを始めることができます。というのも、次の生理予定日ごろというのは、すでに妊娠4週目にあたっていて、脳や心臓など赤ちゃんの大切な器官が形成されはじめる重要な時期でもあるんです。

ですから妊娠初期に特に取っておきたい栄養素(葉酸など)を積極的に取り入れる、たばこの影響をできるだけ受けないようにする、身体を冷やさないようにする、薬の摂取やレントゲン検査を控えるなど、母体と赤ちゃんのためのより良い環境づくりに早くから取り組むことができるのも、検査薬を使うメリットなんです。

先輩ママの妊娠エピソード
「妊娠を知った主人は大きかった」 リハママさん

私と主人は同じ会社に勤めています。妊娠した時はまだ結婚前で付き合って8か月くらいの時でした。主人は10歳年下、しかも新入社員…会社でも公認の仲でした。
生理が来ないので妊娠検査薬を買い検査することにしました(会社で残業をしているとき)でもどうしても一人じゃ出来なくて職場の同僚の子2人を呼び一緒にトイレへ。結果が出るまでみんなでそわそわ。そして結果は陽性!
同僚は慌てて社内に残ってた主人を呼び出しました。赤ちゃん出来たよ、と戸惑う私に主人は「やったじゃん」とニコニコ、まだ結婚もしていない新入社員の主人の器の大きさに驚きました。もちろん同僚も口が開いたままでした。主人はそのまま退社し私の両親に報告に来てくれました。ほんとに嬉しかったようで私の方が戸惑っていました。

先輩ママの妊娠エピソードをもっと見る⇒