妊娠したいママ応援

タバコを控えよう~妊娠のためのカラダづくり妊娠したいママ応援

タバコの影響はいつまで?

ところで男性が喫煙をやめたとして、喫煙の影響はいつまで残るのでしょうか。

精子は毎日作られていますが、射精される精子は約3カ月前のものだといわれています。ですから、少なくとも妊娠を望む3ヵ月前からは禁煙にはいるべき、ということになります。

とはいえ、副流煙による受動喫煙の影響も無視できませんから、喫煙の期間は短ければ短いに越したことはありません。妊娠を考えるのであれば、1日でも早く禁煙をスタートさせることが一番望ましいといえるでしょう。