すくすく赤ちゃん講座

赤ちゃんの暑さ対策

夏の子育ては赤ちゃんの暑さ対策が大切!キチンと暑さ対策をしないと、熱中症や脱水症状、あせもなど様々なアクシデントが発生するので要注意です!
ここでは暑さ対策のポイントを紹介します。

暑さ対策をしてあげないと大変な事に!

熱中症・脱水症状

熱中症・脱水症状

夏に一番注意してあげたいのが熱中症。赤ちゃんによく起こりがちなが日射病です。高温な環境にいることで、体温コントロールができなくなるトラブルです。発熱は40度以下ですが、びっしょりと汗をかき、ぐったりした状態になってしまうことも。原因は水分不足。赤ちゃんは腎臓の機能が未熟なので、体内の水分量が少なくなってもおしっこの量を調節できず、水分が体からどんどん出ていってしまいます。だから大人よりも脱水症状を起こしやすいのです。あまり汗をかいていないようでも油断は禁物。皮膚の表面から水分が蒸発して、知らず知らずのうちに脱水が進んでいることも。早く発見して対処することが重要です。

~熱中症だと分かった時の対処法~
●涼しい場所に移動させて衣服を脱がせる
●頭を低く、足を上げて寝かせる
●体(とくに頭)を冷たいおしぼりや冷たい水などで冷やしてあげる。
●水分を飲みたがるだけ、たっぷり飲ませる。

あせも等の肌トラブル

赤ちゃんあせも

汗を沢山かくと、汗が出てくる穴がつまりやすくなり、さらに汗がでると汗孔が詰まり、出口を失った汗が皮脂にたまって、皮膚の炎症をおこします。そのようにして、できた発疹が「あせも」です。
赤ちゃんは新陳代謝が活発なのでとても汗っかき。でも赤ちゃんは自分の暑さを伝えられないし、自分で汗をふくこともできません。さらに赤ちゃんの肌はデリケートなので、大人よりもあせもになりやすく、悪化も早くすすみがちです。

~あせもの対処法~
●軽い「あせも」なら、こまめにシャワーで流すとともに、涼しい場所で過ごすようにすれば1~2日で治ってしまいます。
●「あせも」が全身に広がったり、かきむしったりしてしまう時は、「とびひ」に感染する場合もあります。皮膚科に連れて行くようにしましょう。
●「あせも」は日ごろの予防が大切です。汗をかいたらこまめに拭いてあげる、シャワーを浴びさせる、室温を調節するなどを実行してください。

発汗後の冷えからくる風邪

赤ちゃんの風邪

夏場は暑さをしのごうとして、室内は冷房でギンギンに冷やしがち。外出中は温度差に要注意。大人もこたえる屋内と屋外の温度差は、体温調節の未熟な赤ちゃんにはさらに大きな負担となります。それまでにかいた汗が急激に冷えることで、熱を出したり風邪の原因となります。自宅の冷房も気をつけてあげましょう。

~夏風邪の対処法~
●外出時は暑さ対策と同様に「寒さ対策」もしてあげましょう。急激に冷房の利いたスペースに入る時用の羽織るものを持ち歩くようにしましょう。
●おうちではクーラーで冷やしすぎないように。扇風機を活用したり、風通しを良くしたりなど工夫してあげましょう。

ベビーカー暑さ対策
ベビーカーの暑さ対策に!