妊娠したらどんな出産がしたいか考えましょう。
なるべく楽に産みたい、できれば安産がいいといっても、願った通りにはいきません。
ただし、食事や生活習慣の改善と努力次第で安産への道は開けますし、産後も悲しい思いをせずにすむ人が多いのは事実。
産院選びによってどんな出産ができるかというのもほぼ決まりますが、その中で自分がどんな出産を望むのかビジョンをもち、それをパートナーや出産施設のスタッフに伝えることは重要です。
ビジョンがはっきりしたら書類として作成、出産施設に提出し内容について相談しましょう。

出産スタイル

分娩台で出産するのが望ましい、自分が楽な姿勢を探しながらフリースタイルで出産したい、水中出産にチャレンジしたい、赤ちゃんを産み出すスタイルはさまざま。それをどう考えるかも自由です。「こうしたい」という出産スタイルがあっても出産施設の状況や出産時の状況によってそれがかなうとは限りませんが、あらゆる可能性について知っておいた方がいいでしょう。

三都さんの場合・・・

4コマ
もっと見る ※会員限定※


立ち会い出産

出産時にパートナーにいてほしい。パートナーではなく母親にいてほしい。自分だけでがんばりたい。と、立ち会いの希望は人によってさまざまです。パートナーに立ち会ってもらえれば、物理的にも精神的にも支えになるという人も多いですが、パートナーがその気でないと難しい部分も。自分の気持ち、パートナーの気持ちを確認しながら、どうするか決めていきましょう。


会陰切開などの医療処理

出産って痛い=会陰を切られると考えている人も多いようです。そのため、妊娠や出産を拒むというパターンも…。しかし、すべての出産で会陰切開をするわけではありませんし、妊娠中のセルフケア(会陰マッサージなど)で会陰をやわらかくしておけば切る必要はありません。病院での出産ではルーチンとして行われているところもあるようですが、「切らないでほしい」と希望を伝えれば強行されることはまずないでしょう。陣痛がゆっくり進むのを待たずに陣痛促進剤を投与するなど、自分でやってほしくない、できれば避けたいと思うことがあったら、主治医や助産師さんに伝えておきましょう。


無痛分娩

麻酔を用い陣痛の痛みを緩和して分娩を行います。出産の痛みが怖いという人に人気ですが、麻酔を投与する前後は当然痛みもありますし、陣痛を感じないために上手にいきめず子宮が収縮するのが弱まってしまうことも多いようです。そのため子宮収縮剤を用いる、吸引分娩になるなどの可能性もあり、産後の痛みが通常より強いこともあります。


計画分娩

パートナーの仕事の都合などで「この日に産みたい」と希望があり、日程を決めて計画分娩を行うこともできます。病院の医師と日程を決めて入院、陣痛促進剤を用いて人工的に陣痛を誘発し、順調に進めば通常と同じ経膣分娩になります。ただし、赤ちゃんが生まれたいタイミングではないですし、陣痛促進剤でうまく出産が進まず、最終的に帝王切開になるという場合も。海外にははじめから帝王切開での計画分娩を行う地域もありますが、どうしてもそうでなければならないという都合がない限り、おすすめできる方法ではありません。