【妊娠したいTOP】  【妊娠講座TOP】  【出産・分娩TOP】  【子育て講座TOP】
0歳10ヶ月

生後1歳2ヶ月(生後14ヶ月)の赤ちゃんの生活リズム・生活習慣〜

起床のタイミング 生後1歳2ヶ月(生後14ヶ月)

1歳2ヶ月(14ヶ月)
マンガ:ハッチさん

1歳2ヶ月になると生活のリズムは大分はっきりしてきますが、寒い時期などは特に朝なかなか起きれず、無理に起こすと機嫌が悪くなる…と、早起きの習慣づけに悩むママは多いです。
しかし心地よく眠っているときに起こされるのは、大人だって嫌なものです。あまり無理に起こそうとせず、自然に目覚めるのを待っていると時間が遅くなってしまう場合は、眠りの浅くなったときに起こすのが最適です。
手足を動かしたり、寝返りを打っているタイミングで起こしてみましょう。
起きたらすぐに、飲みものを与えるのも目覚めの不機嫌さを緩和する方法の1つです。

●自分で歩き始める子が増え、行動範囲が広がってきますが、事故に気をつけましょう。
台に登れるようにもなってくるので、ベランダや窓際では転落に気をつけて、登れるようなものは置かないようにしてください。
歩き始めた子は、外では手を離さないようにしてください。子どもはママの手を離したがりますが、まだ転んで頭を打ったりなど、怪我する可能性も高いです。また、いつの間にか階段を上ったり降りたりするようにもなるので、要注意です。ガードを階段の手前につけるなどしましょう。

●1歳を過ぎれば、牛乳を飲むことができるようになります。ミルクは卒業して、牛乳やフォローアップミルクに切り替えが可能です。牛乳が苦手な子供はフォローアップミルクをあげましょう。
また、母乳を欲しがる場合はまだ無理に卒乳させる必要はありません。母乳は栄養面はもちろん、安心感を与える事ができます。2歳~3歳まで飲ませてあげても大丈夫です。

毎日無料で読める子育てWEB漫画【すくすくパラダイスぷらす】