虐待父がようやく死んだ 作品情報

第1回はコチラから

08月29日更新!

「虐待父がようやく死んだ」 よりを戻す両親

作品紹介
本当は私が殺したかったのに――。
父の死は私の“希望”。虐待を受け育った作者が描くコミックエッセイ。

暴力・性的虐待・面前DV・人格否定。
――父が私にしたこと。これが、私の日常だった。

子どもの頃は、家を出るお金もなければ、歯向かうための腕力もない。
虐待する親の元に生まれた私には、耐えるしか道がなかった――。

私はただ、普通の幸せが欲しかった。
普通のお父さん、普通のお母さんが。

作者紹介

あらいぴろよ 先生
イラストレーターで一児の母。趣味は散歩とプロレス観戦。
著書に『ワタシはぜったい虐待しませんからね!』(主婦の友社)、『美大とかに行けたら、もっといい人生だったのかな。』(光文社)などがある。『“隠れビッチ”やってました』(光文社)は映画化され、2019年冬公開予定。
★作家ブログ:https://twitter.com/pchaning

pr

pr

すくパラ倶楽部オススメ紹介

pr

pr

pr

pr

pr

pr

ページトップへ戻る

Copyright©2011 TAKESHOBO Co.,Ltd. All Rights Reserved.
掲載コンテンツの無断使用・転載を禁じます。すべての著作権は株式会社竹書房に帰属します。