0歳 4ヵ月

首がますますしっかり

腹ばいにするとだいぶ首が持ち上がるようになり、しばらくその姿勢をキープできるようになります。
しかし、成長のスピードは赤ちゃんによって違うもの。
完全にすわるのは5ヵ月6ヵ月頃なので、「うちはまだ…」と焦らなくても大丈夫。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。


ママのおひざで遊べる

からだがしっかりするので、抱っこだけでなく両脇を支えてひざの上に立たせることなども可能になり、赤ちゃんとの触れ合いがますます楽しくなります。
足の動きも活発になるので、両脇を支えて立たせるとぴょんぴょんとひざを動かす赤ちゃんもいます。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!


おもちゃ遊びが楽しめるように

ベビージムで活発に遊んだり、ガラガラなどをしっかり握って自分で音を鳴らしてみたり、おもちゃで遊べるようになります。
ただし何にでも興味を示し口に持っていくので、手の届く範囲に触ると危ないものなどないか注意しましょう。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!

 

0歳 4ヵ月

昼夜の区別がつきはじめる

だんだんと赤ちゃんも夜長く眠るようになってきます。
母乳の場合、まだ夜中の授乳は必要ですが、ミルクだと朝まで眠る赤ちゃんも出てきます。
赤ちゃんに夜ぐっすりと眠ってもらえるとママの負担はだいぶ軽くなります。
昼間を活発に過ごし、決まった時間に入浴するなど、メリハリのある生活を心がけましょう。⇒もっと読む

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。


天気のいい日はお散歩を

ベビーカーに乗せると泣いていたのが、この頃からベビーカーでのお散歩が楽しめるようになる赤ちゃんも増えてきます。
もちろん抱っこでもいいので、天気のいい日はお散歩に出かけ、ママが感じたことをいろいろ語りかけてあげましょう。
赤ちゃんにとっては見るものすべてが新鮮です。⇒もっと読む

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。

 

0歳 4ヵ月

楽しむ余裕が出てくる時期

赤ちゃんとの生活やお世話にも慣れ、外出なども楽しめるようになる時期です。外出先での授乳、おむつ替え、1つずつ体験することでママの行動範囲も広がります。家の中で赤ちゃんと2人きりでいるのはストレスがたまるもの。積極的に外に出て、上手に気分転換しましょう。

授乳

夜中の授乳が減ってくる頃ではありますが、個人差もあり、母乳の場合は特に朝までぐっすりというわけにはいきません。
ぐっすり寝てもらうために夜だけはミルクを飲ませるというママもいますが、ミルクで朝まで眠ってくれるかどうかは赤ちゃんのタイプによるもの。
夜中の授乳がなくなれば確かに負担は減りますが、赤ちゃんのペースや要求に合わせて過ごしていきましょう。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!


スキンケア

赤ちゃんは肌が弱いので汗をかいたらこまめに着替えさせましょう。
夏の暑い時期は着替えのたびにシャワーを浴びてもいいほど。
肌のトラブルの中でも汗疹はほとんどの赤ちゃんが経験しますが、その予防は清潔にすることが一番。
また冬の乾燥する時期は肌がカサカサしてしまうので、赤ちゃん専用で刺激の少ない保湿剤を塗ってあげましょう。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!

 

~母乳&ミルク~

母乳育児にチャレンジする場合、さまざまな悩みやトラブルがあります。
まず多くの人が悩むのが母乳の出具合。
母乳は赤ちゃんが吸った分だけママのからだで作られるのですが、飲む量と作られる量が整うのは3ヵ月以降。
はじめの3ヵ月の間に落ち込んだり悩んだりしてしまいがちですが、赤ちゃんとママのレッスン期間だと思ってがんばりましょう。
心配なら助産師さんに相談を。母乳マッサージを受けて改善できる場合もあります。また母乳はママが食べたものが素になっているので、油分や脂肪分をとりすぎると、乳腺炎になってしまうこともあります。
母乳の出がいい人ほどなりやすいので、食生活にも注意を。 
さまざまなトラブルや気をつけないといけないこと、外での授乳など、人によっては母乳育児に困難を感じることもあります。
生後3~4ヵ月で仕事に復帰し、日中は母乳育児ができない場合だってあります。
そんなときは無理をせずミルクに頼るというのもあり。
パパに授乳をまかせることができるなど、ママが楽になるメリットも多いです。
あまり母乳にとらわれず上手にミルクも活用して肩の力を抜きましょう

 

~0歳 はなさん編~

たがみー  

「寝ぐせ直しマクラ」ってのは、いわゆる向きぐせを直して、頭の形がいびつになるのを防止するやつですかね? 
うちの子も右ばっかり向いていて、そのまま放っておいたら、下になっていた方の耳がぺしゃんこになってました(泣)
。でも、赤ちゃんの不機嫌の理由が中耳炎とは。そりゃ〜、気づきませんよ。

 

  ほっしー

余計な知識があるもんだから、子どもが耳を触っただけで「中耳炎じゃねぇ?」と騒いでしまうパパって僕だけでしょうか? 
それはさておき、ウチの子は仰向けばっかりで寝てたせいなのか、頭が絶壁でして…。
「よっ、絶壁王子!」なんてあだ名をつけた途端、いろんな向きで寝るようになりました(汗)。
基本的に負けず嫌いなのでしょうか。

 
 
作: はなさん
4コマ
もっと見る