0歳 3ヵ月

体重は生まれたときの倍

出生から3ヵ月くらいは成長のスピードがとても早い赤ちゃん。
生後3~4ヵ月の間に体重は生まれたときの倍くらいになります。
からだや顔がふっくらし、手首や足首にくびれができる赤ちゃんもいます。

相談する!
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。


首が徐々にすわりはじめる

個人差がありますが、首がすわりはじめる赤ちゃんが出てきます。
腹ばいの姿勢でわずかしか上がらなかった頭がしっかりと上がるようになり、首を自分で動かせるようになります。
縦に抱っこできるようになるので、ママも楽に感じるでしょう。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!


指やおもちゃをしゃぶるように

手やものに対しての興味がますます強くなり、自分の手をじっと見つめたり、指をしゃぶったり、おもちゃを舐めたりしはじめます。
ときにはグーにした自分の手を丸ごと口に入れる姿も…。
これは脳や神経がどんどん発達している証。何でも口に入れて、それが何であるか確かめようとしているのです。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!

 

0歳 3ヵ月

お食い初め

生後100日目(地方によって110日目、120日目もあり)に“一生食べものに困らないように”と願いをこめて行われるお食い初め。
尾かしら付きの鯛などごちそうを用意し、赤ちゃんに食べさせるマネをさせるのが一般的。
まだ赤ちゃんは母乳かミルクしか口にできない時期ですが、よい記念になるでしょう。⇒もっと読む

相談する!
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。


夕暮れ泣きに悩む場合も

1ヵ月2ヵ月の赤ちゃんの場合、泣いたときはおっぱいかミルクが欲しいか、おむつが汚れているというサインでしたが、3ヵ月以降は構ってほしいなど何か要求があるときのメッセージとして泣くようになります。
とくに夕飯の準備などで忙しい夕方に泣く場合が多く、「夕暮れ泣き」や「3ヵ月コリック」などと呼ばれ、この時期のママを悩ませる要因となることも。
原因がわからずイライラしたり、落ち込んだりしてしまうこともあるかもしれませんが、成長に伴う現象の1つ。
家事の手をいったん止めて抱っこしたり、外に連れ出したり、夕方になる前にたっぷりと構ってあげたり、いろいろ試してみると赤ちゃんにフィットする解決法が見つかるかもしれません。⇒もっと読む

相談する!
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。

 

0歳 3ヵ月

ちょっと楽に感じることも

赤ちゃんの首がすわったり、赤ちゃんが自分で足を持ち上げたり、からだがしっかりとするとともに抱っこやおむつ替えなどお世話が楽に感じるようになるかもしれません。その反面、夕暮れ泣きなど新たな悩みも出てきますが、成長に伴いいずれ終わるもの。家事はそこそこでも構わないので、赤ちゃんとの時間を楽しみましょう

授乳

自分で飲む量を調節できなかった赤ちゃんが満腹感を得られるようになります(個人差があります)。
それに伴いおっぱいやミルクを飲む量が減る場合もありますが、それは赤ちゃんが自分で調節していること。
体重が増えているようなら問題ありません。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。


3~4ヵ月健診

1ヵ月健診に続いて定期健診があります。
自治体によっては4ヵ月に入ってからの場合もあるので、よく確認しておきましょう。
身体測定のほか、首のすわり具合、視覚、聴覚などをチェックします。心配なこと不安なことは専門家に相談しましょう。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。


おしゃべり

赤ちゃんが「あ~」「う~」など、おしゃべりするようになります。
こちらのアクションに反応し、コミュニケーションがより楽しくなるので、たくさん話しかけてあげましょう。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!

 

~ベビーマッサージ~

赤ちゃんとの触れ合いの手段として有効なのがベビーマッサージ。
赤ちゃんは肌をさすってもらうことで、心身の安らぎを得ることができます。ママにもリラックス効果があるので、はじめての育児で「赤ちゃんとどうやって接していいかわからない」というママにおすすめです。
マッサージは赤ちゃんが裸の状態でオイルを用いて行います。
後でオイルを流す場合、お風呂に入れる前に行うとスムーズかもしれません。
寒い季節は部屋の温度を十分に温めましょう。使用するオイルは食用の太白ごま油がおすすめです。
ベビーマッサージをすると気持ちが落ち着くので、夕暮れ泣きなどで構ってほしいとき、なかなか眠れないときなどに試してみるといいかもしれません。
また体調を整える手段でもあるので、便秘風邪などにも効果的です。

 

~0歳 フニャコさん編~

たがみー  

赤ちゃんって体がやわらかいですよね~。
仰向けに寝て自分の足をつかんでかじっているのを見たときは、「すげぇ!」と思いました。うちの子も逆さに抱かれるのは大好きでしたが、さすがに街中ではなかったなぁ(汗)。子どもが好んでやってるのに、親のせいになっちゃうとつらいですよね(泣)。

 

  ほっしー

この体の柔らかさって、いつから失われてしまったのだろうか…、赤ちゃんの軟体さをみるといつも自責の念にかられます(汗)。
できればこの柔らかさのまま成人を迎えてもらうため、父の背を見て育て!と言わんばかりに、なるべく子どもの前で柔軟体操をやってみせています♪

 
 
作: フニャコさん
4コマ
もっと見る