0歳 2ヵ月

体の成長は1人1人違うもの

この時期の赤ちゃんは平均すると1ヵ月に1kgくらいのペースで体重が増加しますが、増加の仕方は1人1人違うので、それに満たない、あるいはオーバーしているからといって気にすることはありません。毎日赤ちゃんの体重を計って一喜一憂していたら、疲れてしまうので、あまり神経質にならないように
心配なときは母子健康手帳に載っている身体発育曲線を参考にしたり、医師に相談したりしましょう。

相談する!
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。


頭を上げ手足をバタバタ

首や背中の筋肉が発達してくるので、腹ばいの姿勢にさせるとわずかですが頭を上げることができるようになります。
手足の動きも活発になり、あおむけのまま手足をバタバタさせるようになるでしょう。
ベッドの中でからだの位置が移動していたり、かけ布団をけとばしたりすることもあります。

相談する!
書き込む!


音や動くものに反応

視覚や聴覚も発達し、ガラガラなどであやすと頭を動かしてそちらを見ようとし、音にも反応するようになります。
すぐに落としてしまいますが、わずかな間であればガラガラを自分で握ることもできるようになります。

相談する!
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。

 

0歳 2ヵ月

昼夜の区別をつける

まだ夜中起きることも多いですが、昼夜の区別をつける環境づくりを心がけましょう。
夜遅くまで部屋がこうこうと明るかったり、テレビの音がうるさかったりすると、赤ちゃんが静かに眠ることができません。
夜20時くらいになったら部屋の明かりを消し、静かな環境を整えること。
朝も早めにカーテンをあけて部屋を明るくし、昼夜の区別を赤ちゃんも体感できるよう心がけましょう。⇒もっと読む

相談する!
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。


昼間は活動的に

昼夜の区別をつけるために、部屋の環境を整えると同時にしておきたいのが昼間の活動。
スリングに抱っこして外の空気を吸いに出かけたり、起きている間はスキンシップや遊びを一緒に楽しんだり、活発に過ごしましょう。
活動的に過ごすことで、夜の睡眠時間も徐々に長くなっていきます。⇒もっと読む

相談する!
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。

 

0歳 2ヵ月

慣れたと思ったらつまずきも…

赤ちゃんとの生活にだいぶ慣れたものの、授乳やおむつの新たな悩みは次々と出てきます。ささいなことでもわからないことがあれば、1人で悩まず周りのママや育児支援者、医師などに話してみましょう。

授乳

母乳やミルクを飲む量にむらが出たり、遊び飲みをするようになります。
飲む量が少なく感じると「おっぱいが出ていないのでは?」「体調が悪いのでは?」と心配してしまいますが、赤ちゃんもその日その時で飲みたい量が違います。
機嫌がよく満足しているようであれば、神経質になる必要はありません。

相談する!
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。


排泄

うんちの出る回数や形状は、母乳の赤ちゃんが1日に7~8回ゆるめの便、ミルクの赤ちゃんは1日に2~3回やや固まりの便というのが一般的です。

これはあくまでもめやすの回数なので、それ以上であってもそれ以下であっても心配することはありませんが、うんちの色が白っぽく下痢をしていたり、4~5日出ない便秘の症状は、医師に相談しましょう。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。


外出

外に出ることは赤ちゃんにとってよい刺激を与えます。
紫外線の強い季節は10~14時の間はなるべく外出を避けるなど、季節に応じた紫外線対策、防寒対策をとりましょう。

相談する!
    このテーマに関連した投稿はまだありません。
書き込む!

 

~赤ちゃんの好みと遊び~

視覚が発達するので、あやすと反応するようになる2ヵ月の赤ちゃん。
その時期の赤ちゃんが好きな色は赤、青、黄の三原色。中でも赤い色が一番見えやすく、赤いものが動いていると強く反応するようになります。
ママが赤い何かを身につけていたら、一生懸命目で追う姿が見られるでしょう。
わざわざ立派なおもちゃを準備する必要はありませんが、赤ちゃんの手に握れるガラガラ、ベビージムやメリーなどのぶら下がり系はこの時期の赤ちゃんがとても喜ぶおもちゃです。手に握れるものは三原色を意識してチョイスし、ぶら下がり系のものは赤ちゃんの目から30~40cm離して設置するのがポイント。
いろいろなものに興味が出てきますが、やはり一番赤ちゃんが嬉しいのはママやパパとの触れ合い。
抱っこはもちろん、語りかけたり、手を握ったり、時間に余裕があるときは赤ちゃんとたっぷりと関わることを心がけましょう。
 
作: トマコさん
4コマ
もっと見る

 

~0歳 つかささん編~

たがみー  

はじめての育児は赤ちゃんが泣くのも、おっぱいのケアも謎だらけ。
思うようにならずに残念なこともありますが、自分を責めず、逆にがんばった自分をほめてあげたいですね。
はじめは赤ちゃんもおっぱいを吸うのが上手ではないのでうまくいかなくてもあきらめず、出産した産院や助産師さんなどに早めに相談しましょう。

 

  ほっしー

この時期は旦那の立場として、いかに新米ママを体力面・精神面でサポートできるかにかかってますね。
どんなに叱咤されても広~い心で耐え忍び、たとえ役に立たなくても、少しでも支えになろうという気持ちをアピールしてください。
それを怠ると「アナタはなにもしてくれなかった」と数年後、いや一生言われるハメになります(笑)。

 
 
作: つかささん
4コマ
もっと見る