Eメール
パスワード
次回から自動ログインする
ログイン

無料でお得!新規会員登録

お子様ランチ占い今日のあなたの運勢は?お子様ランチ占い

誕生日
血液型

占いTOPへ >>

すくすく赤ちゃん講座ママブロガーによる0歳からの月齢別子育て すくすく赤ちゃん講座、4コマ漫画

年齢別の子育て情報満載

赤ちゃん編
妊娠編

お気軽トーク広場子育てママ・子育てパパ集まれ! みんなの掲示板 妊娠、出産、子育て、くらし、フリートークのお気軽トークひろば

妊娠&出産
子育て
くらし
フリートーク
エリア別
 

子どもと一緒にどこに行く?お出かけスポット一覧子どもと一緒にどこに行く?お出かけスポット一覧 北海道、東北、関東、北陸、信越、東海、関西、中国、四国、九州、沖縄まで全国情報

日本地図 北海道 東北 関東 北陸・信越 東海 関西 中国 四国 九州 沖縄 北海道 東北 関東 北陸・信越 東海 関西 中国 四国 九州・沖縄


野菜の匠、杉本晃章先生が美味しい春菊・ニラ・水菜の選び方を教えます!すくパラ野菜教室| TOP|

トマト| きゅうり| ナス| カボチャ| とうもろこし| ピーマン| 玉ねぎ| ジャガイモ| ニンジン|
ニンニク・生姜| 新野菜| 中国野菜| ぶどう| いちご| りんご| みかん| ねぎ| 白菜| ほうれん草|
小松菜| たけのこ| キャベツ| レタス| ブロッコリー・カリフラワー| アスパラガス| セロリ| 豆類|
きのこ| 春菊・ニラ・水菜| 大根| サツマイモ| 里芋| 山芋| ごぼう| カブ| レンコン| 中柑橘| |
メロン| | 野菜の選び方TOP|

第29回:美味しい春菊・ニラ・水菜の選び方!

春菊、ニラ、水菜は冬から早春のお薦め野菜

冬場から早春にかけて美味しい葉物野菜は多いです。
春菊、ニラ、水菜といった葉物もこの時期が一番美味しいんです。
春菊というのは関東地方での呼び名。関西では菊菜と呼ばれる
ことも。食用にしているのは日本や中国などアジアの一部。
今でもヨーロッパでは鑑賞用の植物です。
春菊は大葉種、中葉種、小葉種に分けられます。
大葉種の春菊は福岡、京都、大阪など西日本中心の限定生産品。
一般的な春菊は中葉種です。
小葉種は今はほとんどみかけません。

ニラは一つの株で3~4回収穫できますが、
最初に採ったものが一番柔らかく美味しいです。
2回目3回目と進む事に細くかたくなります。
2下旬~3月頃に出回る一番切りの幅広のものを食べましょう。

水菜は京都が原産の京野菜。
京菜あるいは京水菜という別名もあります。
肥料を使わないで、水と土の力だけで作っていたので、
水菜の名が付いたと言われています。美味しい時期は冬。
水菜と油揚げの煮付けは、
京都の冬の代表的な「おばんざい」です。
冬場に出回る京都産の露地物はとても柔らかくて美味しいです。
最近はサラダ用に周年栽培していますが、
冬以外にハウスで作られるものはかたいのでお薦めできません。

お野菜4コマ

作:どんどんどんぐり さん

<a href="http://sukupara.jp/frd_index.php?user_id=33">どんどんどんぐり</a>さん4コマ
もっと見る

美味しい物を選ぶには

春菊・ニラ・水菜

寒ければ寒いほど柔らかくなる冬場の葉物

春菊、ニラ、水菜とも今、一年中栽培されてますがこれらは冬の野菜。
夏に作ったら、流通している間にとけてしまいます。そこで品種改良してかたくします。
ですから冬以外に出回るものはかたいんです。
柔らかくて美味しいものを食べたいなら、冬に買いましょう。

春菊は葉っぱが太いもの(幅広)が美味しい。葉っぱが細いものは茎がかたい。
袋詰めで売られている春菊ですが、袋の下から幅広の葉っぱがはみ出てきているものがいいもの。
  柔らかいです。
ニラは幅広のものが柔らかくて美味しいです。
ニラは長さが短いもの(20cm~25cm)のものが美味しい。寒さにあたって上に伸びないんです。
水菜は葉っぱの幅が広いものが柔らかい。
水菜は白い茎(茎軟白部分)が真っ白いものが美味しい。ここが青くなっているのはかたいです。
水菜は葉っぱの量が多いもの、伸びすぎているものはよくない。
  袋から頭が出ているようなものは買ってはだめ。

pr

pr

春菊・ニラ・水菜のお薦め品種

とっても柔らかい「株張り春菊」

今、八百屋やスーパーで売っているのは中葉の株立ち春菊という品種。
茎を伸ばして収穫するので、収穫したあとに出てきたものもまた何度も収穫できます。
それに対して「株張り春菊」という品種がありますが、これは一回収穫したらその株は終わり。
株立ちの方が生産性がよく、かたくて日持ちがするので、市場では株立ちばかりになってしまいました。
しかし、株張りの方が味、柔らかさは上。しゃぶしゃぶでさっと湯に通して食べても柔らかい。
株立ちはかたいからよく茹でないと食べられません。市場にもたまに出回るから、見かけたらぜひ味わってください。
茎が普通の春菊より細くて、茎がほとんど無いように見えるのが「株張り春菊」です。

幅広の「たいりょうニラ」

山形県から「たいりょうニラ」という幅広のニラが出てきました。
品種改良で作られたものですが、とても柔らかくて美味しいニラです。緑が濃くて見た目もきれいです。

一度は食べてほしい「京水菜」

水菜はもともと京都の伝統野菜。ぜひ一度は京都の水菜を食べてください。
特に秋も深まって寒くなってから出てくる露地物は絶品。とっても柔らかいです。
京都ではこの露地物の水菜が出てくると「冬本番」と言われています。関東の水菜と比べると値段は3倍以上。
でもそれだけの価値がある品物だと思います。特有のビリッとした辛味と香りのある水菜。「洛南(らくなん)千筋」という品種が代表格です。

春菊・ニラ・水菜を保存するには

涼しいところに立てて保存

春菊、ニラ、水菜とも、傷みやすい野菜ですので、なるべく早めに食べきりましょう。
保存する時は、ラップやビニールにくるんで涼しいところに立てて保存です。

春菊・ニラ・水菜には、こんな栄養が

どれも栄養豊富。たくさん食べましょう。

春菊の香り成分は精神を安定させる効果があると言われています。
春菊・ニラ・水菜のどれにも含まれるβカロテンは、体内でビタミンAに変わり、
のどや鼻の粘膜を正常に保ち、風邪やインフレエンザウイルスに対して抵抗力を強めます。
ニラのにおいの成分アリシンは、血液をサラサラにする効果があると言われています。水菜はカルシウムとビタミンCが豊富です。

春菊・ニラ・水菜の面白雑学

地域に根付いた大葉春菊「お多福」

葉っぱが幅広い大葉春菊は、地域に根付いた伝統野菜。関東ではほとんど作っていません。
東京には、九州の「お多福」という名前の大葉春菊がいくらか入ってくるので、
「大葉春菊」とか「お多福」と袋に書いてあるものを一度食べてみてください。
さっと茹でて食べる料理に使うとその良さがわかります。

ニラは群馬県、千葉県の東葛地方から出る露地物をねらえ

ニラはどこの地域でも生産できますが、だいたいがハウス栽培。露地物を作っているのは、群馬県、千葉県の東葛地方くらいです。
露地物が出回る時期は、2月下旬~3月の1ヶ月ぐらい。露地物はちょうど「ひもかわうどん」ぐらいの太さがあります。
揃いバツグンというわけではないので市場の評価は低く、ハウス物より安い値段で取引されています。
見た目優先の日本では、不当に評価されているんですね。美味しくて安いからぜひ買ってください。

テレビCMの功罪

ある時期、それまで京都の伝統野菜だった水菜を、種苗会社が品種改良し関東に持ってきて売り出しました。
時同じくして、マヨネーズ会社がCMに水菜を登場させて、「サラダで水菜」って宣伝したんです。
おかげで京都のローカルな野菜だった水菜が一躍全国に広まりました。
それはいいことなんですが、本来水菜は冬に鍋で食べる野菜。「水菜はサラダで」というイメージが広まってしまったので、
本来の旬である冬に消費が伸びなくて、サラダを食べる夏場ばかりに需要が集中してしまいました。
そして生産者はまずい夏の水菜を一生懸命たくさん作っているんです。

野菜教室トップへ戻る

この野菜の食べフォト

この野菜の食べフォトを投稿しよう!!
投稿する
すくパラ野菜教室

お野菜★クチコミひろば

風邪予防に効果のある食べ物

春菊の香りには精神を安定させる効果があると言われており、
春菊・ニラ・水菜などに含まれるβカロテンは、体内でビタミンAに変わり
風邪やインフルエンザウイルスへの抵抗力を強めてくれるそうです。
(すくパラ野菜教室第29回:春菊・ニラ・水菜より)

空気が乾燥しやすく、風邪を引きやすい季節だからこそ
栄養価の高いものをいただいて、風邪に強い体づくりを心がけていきたいですよね。

風邪予防にはこんな料理がぴったり!
体調を崩してしまった時は、この料理が効く!

など、ご家庭の健康レシピを教えて下さい(*´∇`*)

すくパラ野菜教室 第29回「春菊・ニラ・水菜」
http://sukupara.jp/sp/yasai/detail.html?vegeId=29

投稿はコチラから↓↓

投稿する
タイトル スマイル 最新書込日時
【2】 名無し  さん

スマイル  0

10/12/04 10:39
  • こんにちは
    ためになりました。
    ありがとうがざいます
【1】 つん  さん

スマイル  0

10/12/01 10:30
  • こんにちわ!
    うちでは、風邪気味の時は
    にんにく&野菜たっぷりのラーメンです。
    インスタント(サッポロ一番塩)ですが
    手軽に出来ておすすめです!

もっと見る

野菜教室トップへ戻る

ページトップへ戻る

八百屋の匠サイトはこちら 本の購入はこちら