32歳で初期乳がん 全然受け入れてません 作品情報

第1回はコチラから

07月08日更新!

「32歳で初期乳がん 全然受け入れてません」 パートナーに期待する反応

作品紹介
『精神科ナースになったわけ』が大ヒット!
医療系コミックエッセイを多数描き続けてきた水谷緑が
自身の体験を元に描いた乳がん闘病コミックエッセイ!

6年前に膵臓がんで父を亡くした私が、32歳で初期乳がん…。
人にがんを伝えれば引かれるし、妊娠に影響があるかもと聞いたし、私、独身だし、将来どうなるの?

作者紹介

水谷緑 先生
神奈川県生まれ。好きなものはモチモチした食べ物。
著書に『精神科ナースになったわけ』(イースト・プレス)、『カモと犬、生きてる』(新紀元社)、『じたばたナース』『まどか26歳、研修医やってます!』、ニッポン放送アナウンサー・吉田尚記氏との共著『コミュ障は治らなくても大丈夫』(KADOKAWA)などがある。
★作家ブログ:https://mizutanimidori.com/

pr

pr

すくパラ倶楽部オススメ紹介

pr

pr

pr

pr

pr

pr

ページトップへ戻る

Copyright©2011 TAKESHOBO Co.,Ltd. All Rights Reserved.
掲載コンテンツの無断使用・転載を禁じます。すべての著作権は株式会社竹書房に帰属します。